【-7歳肌】頬骨シミを消す方法|ガチで取れるのかお試し実践ブログ

若い時はバリバリの運動部で日焼けを一切気にしてこなかったので大後悔。35歳で頬骨にシミができ老け顔まっしぐら。飽き性なので、美容液に集中して半年以内に効果が出るか!?実践や口コミ、おすすめ情報をお届けします!詳しくはこちら↓ <a href ="http://www.shimikea.com/entry/profile>管理人レイカの自己紹介</a>

顔のシミ(肝斑)の原因解説!10個あったシミの原因理由とは?


スポンサーリンク

f:id:reika0706:20171019025358j:plain

「シミを消したいけど、消えない…」とあなたは悩んでいませんか?

 

化粧水、クリーム、サプリメント、漢方、美白美容液、販品など…
試したけど消えず「何で?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

消えない理由は、肌のターンオーバーや体質など関係もありますが、シミの原因を分からずに対策をすると間違ったスキンケアへと繋がり悪循環になります。

 

様々な原因があるので、一概には「これが原因だっ!」と断定は難しいですが、
シミの原因を知ることで、「頬骨のシミはもしかして?」
と思い当たる原因が絞られてきますよ!!

 

まずは、シミの原因について思い当たる点を探し見ましょう。
原因が分からないとシミを消す対策は難しいですよ~。
 


シミの原因10個はこれだ!いくつあてはまる?

1.一般的なシミの原因は紫外線

日光黒子(老人性色素班)と呼ばれる、紫外線が原因でできるものです。 紫外線を受けてメラニンが活性化し、色素沈着を起こしてできます。 

2.乾燥肌からシミが出来る?

肌が乾燥し潤いがなくなると、角質層が硬くなり、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなります。 更に角質が乱れることで、角質と角質の間に隙間ができて、肌の水分が蒸発して、肌の乾燥が進むという悪循環になります。 肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、肌細胞の生成も停滞してしまうため、メラニン色素が肌に残りやすくなり、シミができる原因です。 

3.ニキビ跡でシミが出来るからつぶしてはダメ!

炎症が強く、ニキビが跡になって残ってしまったものを放置してしまうと、紫外線などの影響でシミができ、どんどん濃くなってしまいます。
最初は、赤みを持ったシミができ、その後に色素沈着して黒ずんできます。

 

4.間違ったスキンケアによる摩擦の刺激

化粧水→乳液→美容液などを付ける際に、肌に浸透させようとして独自のパッティングをする方がいますが、肌の刺激になり逆効果の場合もあります。 肌をこすったりして角質が傷つく→乾燥肌が進行→メラニン色素が沈着しやすい=刺激からのシミやニキビトラブル発展と悪循環になります。

5.不規則な食生活で内面の不調からくるシミ

食生活が乱れると、血行不良で新陳代謝が悪くなる→ターンオーバーの周期が乱れ、色素沈着によるシミの原因になります。 また、偏食による肌への栄養素(ビタミン、タンパク質など)が不足すると、肌の張り減少、くすみなどトラブルが起きてシミに繋がります。

6.ストレスや妊娠・産後などホルモンの影響からくるシミ

ストレスはシミだけではなく身体全体も悪影響を及ぼすと言われる、現代社会の問題の1つですよね。 ストレスを受け、ホルモンバランスが崩れて、色素細胞が活発になりシミを増やすまた、体内身体を錆びさせる活性酸素の量が増加し肌の老化を促進させシミが出来やすい環境を作り出します。

7.睡眠不足によるシミ

睡眠不足が続くことで、成長ホルモンの分泌量の低下し、肌細胞の生成が停滞→ターンオーバーが遅くなる→角質やメラニン色素が肌に残るため色素が沈着してシミができやすくなります。

8.タバコ歴の年数=肌トラブル増加年数でシミ

シミの原因メラニンを抑制してくれるビタミンC減少→メラニン増加→シミの原因。
また、ニコチンが新陳代謝を衰え、メラニンを外に出すことが出来ない→付着しシミを作る環境。 また、ニコチンは肌の乾燥、劣化→シミ。

9.アルコールの飲みすぎでシミの原因!?

活性酸素(体内に摂りこまれた酸素の一部が変化したもの)で、細菌などから守る働きをそますが増加すると健康な細胞まで攻撃し肌トラブルの原因に繋がります。また、活性酸素が増加するとメラニン過剰生産→古い角質の排出ができない→シミの原因。

10.内臓の不調は老廃物がたまりやすい顔に出てシミになる

弱った内臓は、排泄機能低下すると余計な水分が外に排出さらない→老廃物は皮膚の表面から外に出したい→シミや吹き出物として現れます。 実は顔には毛穴や皮脂腺が多いため「老廃物が溜まりやすい場所」。内臓が弱っているサインを見逃さないで。

 

原因10個のまとめ

あたたは原因いくつあてはまりましたか?

  • 紫外線による外からの刺激
  • 間違ったスキンケアの摩擦の刺激
  • 栄養不足、睡眠不足
  • 内臓の老廃物

などなど。内側と外側からシミはできるのですね。

 

まずは、「早く寝れる日は身体を休めようかな~」「野菜をいつもより多めに食べよう!」など、私生活から見直していきましょうね。