【-7歳肌】頬骨シミを消す方法|ガチで取れるのかお試し実践ブログ

若い時はバリバリの運動部で日焼けを一切気にしてこなかったので大後悔。35歳で頬骨にシミができ老け顔まっしぐら。飽き性なので、美容液に集中して半年以内に効果が出るか!?実践や口コミ、おすすめ情報をお届けします!詳しくはこちら↓ <a href ="http://www.shimikea.com/entry/profile>管理人レイカの自己紹介</a>

肌のターンオーバーの周期の原因を知って未来の頬骨のシミを消そう


スポンサーリンク

f:id:reika0706:20171121005343p:plain

頬骨のシミが年々濃くなって焦ってきています。

口コミなどので、「頬骨のシミが消えた」とクリームで効果がある人とない人の差は何だと思いますか?

 

それは、外側からはクリームで対策、内側からは食事(栄養補給)や飲み薬、そして肌のターンオーバーを整えることがシミ消し効果を最大限に引き出す方法だと思います。

 

今回は、今からすぐに実践可能な肌のターンオーバーでシミを増やさない環境を作ることを紹介しますね。 

 

30代からシミが増えるわけはターンオーバーの乱れが原因!?

私もスキンケアを変えていないのに、30歳超えてからシミが増えてきました。

それは、肌のターンオーバーがシミに影響しているからです。

 

肌のターンオーバーは本来、正常に働いていると、シミは出来ません。

シミは、肌の紫外線や炎症などの刺激を受けたときに作り出す「メラニン色素」が肌に溜まったもの。 年齢を重ねることで、ターンオーバーの周期が長くなり、メラニン色素がうまく排出されず肌に残りシミになるのでです。

 

では、肌のターンオーバーとメラニン色素の排出の仕組みは?

肌のターンオーバーは、皮脂の一番外側にある表皮と呼ばれる部分で行われています。

この表皮は、一番奥から【基底層→有棘層→顆粒層→角質層】の4層になっています。

 

【ターンオーバーの流れ】

f:id:reika0706:20171120130450p:plain

1.肌のターンオーバーは、表皮の基底層で、「角化細胞」が作られることでスタートします。

 

2.新しく作られた角化細胞は、約14日間かけて有棘層→顆粒層と肌の表面に上がってきて、最後に角質層に到達。 角質層に入ると「角質細胞」となり、①肌を外部の刺激から守る、②肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ、という2つの役割(肌のバリア機能)を担います。

 

3.角質細胞は、肌のバリア機能を約14日間果たした後、垢となって剥がれ落ちます 。ターンオーバーが正常だと、シミの元のメラニン色素も一緒に排出するします。メラニン色素は、基底層にあるメラノサイトと呼ばれる細胞で作られます。 メラニン色素は、「角化細胞」に渡されて、肌のターンオーバーにともなって肌表面へ上がっていきます。

 

この表でわかるように肌の段階層すなわちターンオーバーが正常にいかないと、シミが出来てしまうということですね。

 

 

 

では、何でターンオーバーが正常にならない原因

上記の説明で、ターンオーバーとメラニン色素が正常に排出できていれば、シミができないということが分かりますよね。

では、何でメラニン色素が残るのか…

 

ずばり!

  1. 肌のターンオーバーの周期が長くなる
  2. メラニン色素の生成が多すぎる

この2点が主な原因です。

 

1つ目の【肌のターンオーバーの周期が長くなる】

肌のターンオーバーの周期は、20代だと約28日。30代になると約40日。40代になると約55日。 と、年齢を重ねることで長くなっていきます。

 

肌のターンオーバーの周期が長くなると、メラニン色素を含んだ細胞が剥がれ落ちるのに時間がかかり、メラニン色素がどんどん表皮の中に溜まってシミを作ります。

 

30代から「シミが増えた」と感じるあなたは、加齢によって肌のターンオーバーの周期が長くなったことが原因

 

2つ目の【メラニン色素の生成が多すぎる】

メラニン色素は本来肌を守るために作られているので、大切な役割です。

肌は刺激を受けると、メラノサイトにメラニン色素を作るように司令を出す物質である「メラノサイト活性因子」を生成します。

 

肌への刺激が多かったり、長く続いたりするとメラノサイト活性因子が大量に生成され、メラノサイトが次々とメラニン色素を作ります。

 

大量に生産されたメラニン色素は、肌のターンオーバーだけでは十分に排出されず、肌にメラニン色素が蓄積されてしまいシミとなります。

 

刺激を受けたとき生産される原因は、こちらで紹介していますのでチェックしてみてくださいね。↓

www.shimikea.com

 

肌のターンオーバーが乱れる原因

加齢によって肌のターンオーバーの周期が長くなることは、シミの原因の1つですが、肌のターンオーバーに影響を与える要素は加齢だけではありません。

 

肌のターンオーバーは様々な原因を受け、周期が長くなったり、短くなったりします。

 

【肌のターンオーバーが早くなる要素】

・間違った洗顔…洗浄力の強い洗顔料を使い角質を落としすぎている

・ピーリング・スキンケア…肌に溜まった角質を落としすぎている

・紫外線・肌荒れ…炎症を起こし、早く回復するために新しい細胞が作られる

 

【肌のターンオーバーが遅くなる要素】

・加齢…角質が剥がれ落ちるまでの周期が長い

・食生活の乱れ…栄養不足

・ストレス・寝不足…ホルモンバランスの乱れ

・間違った洗顔…肌に古くなった角質が残る


肌のターンオーバーが遅くなることで、シミができやすくなることはもちろんのこと!

肌のターンオーバーは早ければ良いというものではありません。

 

まずは、どちらに多く当てはまるか、確認しましょう。

 

 

シミは肌のターンオーバーで消すことが出来る?

結論からいうと、肌のターンオーバーを整えてもシミは消えません

でも、整えることで、シミの発生率を遅らせて、未来のシミ予防には繋がります。

また、肌のターンオーバーを整えることにより、本来の肌の調子が良くなり、今あるシミを薄くする近道になることは間違いありません。

 

なので、今あるシミにはハイドロキノンなどのメラニン還元作用のある化粧水やクリームを使いましょう。

ハイドロキノンのクリームの詳しい商品はこちら↓

 

まとめ

シミが出来やすい方は、肌のターンオーバーの仕組みを理解しましょうね。

 

私は、まさしくターンオーバーの周期が長くなり、シミがいっきに増えたのと実感しました。肌の見直すキッカケになったら嬉しいです。